求人を元に医師が美容外科の転職を成功させる考え方

プレッシャーがかかり、簡単に辞めない心理状態

魅力的な求人は、優秀な医師を求める美容外科でも用意されますが、実際には現場を見なければ詳しく分かりません。 例としては、勤務時間が平均的だったり、平均より短く掲載されていても、働いてみると長時間労働が求められるケースがあります。 また、必要以上にストレスが溜まったり、休日でも疲労感が抜けない職場もあります。 求人を見て転職を考えたり、これから本格的に活動を行うなら、美容外科の情報に惑わされない転職を行う事が大切です。 美容外科では、一度転職が成立すると、簡単に辞められない状況が発生します。 これは、医師が自ら責任感を感じる事も理由ですが、逆に美容外科側からプレッシャーがかかり、簡単に辞めない心理状態に追いやられる事も原因です。

求人は、転職の切っ掛けになる貴重な情報源ですが、情報だけでは分からない側面がある事も事実です。 情報に魅力を感じたなら、美容外科の直接的な面接を受ける前に、客観的な情報を収集して参考にした方が安全です。 最も役立つ客観的情報を得るには、現在勤めている人であったり、過去に勤めた経験のある人から話を聞く事が効果的です。 しかし、この方法には限界があるので、噂話でも待遇について情報を得る事が必要です。 経験が豊富な医師であれば、他の施設の情報に接したり、情報の信憑性に関する、判断力を持ち合わせている事があります。 意外と身近な場所で働いている事もあるので、頼れる先輩に相談したり、参考になる情報源はないか尋ねる事も一つの方法です。

医師の求人サイト募集からの転職体験談

医師になって10年を経過し、やっと一人前に仕事ができるようになったころ、移動の話が大学の医局からありました。医師としては一つの病院で長くやることも大事な部分もありますが、病院を変わることでそれまではあまり見ることがなかった患者層や疾患を見る機会が増えることで、診療の幅が広がるというメリットもあります。ただし、それは自分の生活、つまり、引っ越しが必要であったり、奥さんが妊娠しているようなときは家族への負担も大きくなってしまうため、自分の職業人としてだけではなく家庭のことも考えて判断しなければなりません。医局に在籍していると、得てして家族のことがないがしろにされたり、あるいは時には医局の事情により理不尽な理由での移動を迫られたりすることがあります。かつてはそのような時も、ほとんど泣き寝入りして我慢せざるを得なかった時代もありましたが、現在はそのような時代ではなくなりました。転職の紹介会社も多数あり、病院側もかつての医局人事に頼った医師集めから、自分の病院のビジョンなどを考え、自由に求人を出せる環境が整ってきています。私もその医局の人事という魔物に翻弄され、結局医局を抜け出して転職をすることになりました。その時の出来事です。医局にとって関連病院は症例を集めたり、若い人の経験値を上げるために経験を積ませるという点ではとても大事な存在です。ただし、それぞれの関連病院の診療の責任者である部長は、働く医局員をまとめ上げ、診療の中心となり、若い先生が迷ったとき、困ったときなどには診療の面だけでなく、生活の面なども含めて医師として成長していける環境を整える度量や力量が必要です。遠くに若い先生は仕事でも頑張らなければいけませんが、結婚したり子供が生まれたりとプライベートの生活も大きな変化のある時期です。こちらをないがしろにしてしまっては、特に仕事へのモチベーションも下がり、チームとしての機能も果たさなくなってきます。私も異動を打診されたときに大きな生活の変化がある時でした。正直、あまり気が進まなかったのですが、新しい病院で科を立ち上げるのでぜひ行ってほしいとのことで、説得もあり受けることにしました。ただ、その移動先の部長があまりにひどかったのです。まず、診療の面では若い先生が診断や治療に困ったときにもほったらかし、カンファレンスも聞くだけでアドバイスなし、少し家庭の事情で休みたいといっても聞き入れられず自由に休めない、その割には偉そうな態度で自分の保身ばかりが気になる様子でした。時には、若手の医師が治療に困り果て患者の状態もとても悪くなって転院させてしまうといったこともありました。私としても1年が我慢の限界で、異動を申し出ましたが教授には聞き入れられず、転職会社の求人に問い合わせして、医局は辞める準備を始めました。しかし、時期が悪かったのか、あまりいい求人には恵まれず、仕方なくそのままの仕事を続けるしかないかと思っていた時です。見知らぬ人からの電話があり、病院から頼まれて転職のオファーが来たのです。よくよく聞いてみると、求人会社から得た情報をもとに私個人が特定できて、少し調べたけれどもうちの病院に来てもらいたいとのことでした。転職会社からもらっていた病院のリストにその病院はありましたが、給料などの条件が希望とは大きく離れていたので選択肢には入っていませんでしたが、改めて出てきた条件は希望に近いものでした。当初頼んでいた転職会社ではありませんでしたが、話を聞くうちに条件も折り合い、最終的にはその病院への転職を決めました。初めての転職だったのでこのように話が進むとは思いませんでしたが、人生、いろいろわからないものだなあと感じた転職でした。


一人の情報を鵜呑みにするのではなく 行動の早さは、確かに必要な条件

求人 医師
祥孝会

もどる